2008年06月23日

吉祥寺おいしい店

みなさんこんにちは。
梅雨らしい気候が続いていますね、体調崩してませんか?

さて今日は、イヤというほど書かれていそうなテーマに挑戦!(笑)
以前にご紹介した「シャポールージュ」も含めて、吉祥寺には星の数ほどの飲食店があります。
そんな中で感じることは、なぜか「辛いもの」がウリのお店が多いということです。
まあいわゆるエスニック系と分類されるようなジャンルですね。カレー屋さんの多さは昔から有名だし、韓国料理やタイ・アジア料理もたくさんあります。
私も実は辛いものがだーーいすきなので、それなりにお気に入りの店はありましたが、なんと埼玉に住んでいる友人から教わるまで知らなかったお店があったのです。

タイ・ラオ料理 ランサーン

友人いわく、「私が今まで食べたタイ系料理の中で一番おいしい!」。大絶賛です。
早速行ってみましたが、なるほどこれはおいしい!のです。私もちょっと手ごわいと感じるくらいに相当辛い料理も中にはあるのですが、それでも「旨み」のようなものが強いのか、実際よりは辛く感じないんです。
これって料理として優れている証拠じゃないでしょうか・・・
カゴ編みの器に入ったもち米ご飯など珍しいものもあり(これまたおいしい)、アジアン気分を満喫できます。

ムシムシする季節は辛いものを食べて気分をカラっとさせたいですね!
posted by kei at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16312499
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック