2008年05月20日

黒は本当にやせて見える?

みなさんこんにちは。
明朝は大荒れの天気になりそうですね・・・・・準備は万端でしょうか?

さて、黒といえばファッションでも定番色として幅広い支持を得ている色ですね。
何色にも合わせやすい、オシャレに見える・・・・理由は色々あると思いますが、「やせて見えるから」は、かなり上位になっているのではないでしょうか?
やせて見える=収縮色、と言えますが、確かに黒はあらゆる色の中で最も収縮効果のある色です。
だからといって、黒はやせて見える万能お助けカラー、とは限らないのです。
なぜかというと、ある特定の一色をそれだけで見ているという環境は物理的にありえないからです。
私たちは、常に複数の色を同時に見て、それによる視覚効果で「〜に見える」と感じています。
つまり、同じ色であっても、それを見る周囲の色環境が変われば、感じる見え方も変わる、ということです。
黒は究極の収縮色であると同時に、重量感を非常に強く感じる色でもあります。
この点を見逃してしまって、「やせて見える」からといって、全身黒尽くめにしてしまうと、収縮効果よりも重量効果の方が強くなって却って太って見えてしまう結果になりかねません。
ちなみに、白は膨張色の極みですが、最も重さを感じない色でもあります。
図の白と黒のゴルフボールは同じ大きさで作成しましたが、どちらが大きく見えるでしょうか?また、どちらが重そうに感じますか?
black_white.gif

黒はちょっと小さく見えるけど、同時に重そうにも見えるかもしれません。
この効果を考慮して、囲碁の石は見かけ上の大きさを揃えるために、黒石を意図的に大きめにしてあるそうです。また、引越し屋さんが使っているダンボール箱を思い出してみてください。白く着色してあるものが多いと思います。これは、作業効率を上げ引越しをなるべく短時間で済ませるための計算なのです。
では、重さを感じさせずにやせて見えるように黒を使いこなすにはどうしたらいいのでしょうか?
まずは黒の面積を小さめにすることです。配色の面積比と色の違いが大きくなっていると、自然と視線は面積が小さい方へ誘導されます。誘導された先に見える色が収縮色であれば、効果はより高くなります。
ということは・・・・・インナーに黒を配置し、アウターに薄めの色を選ぶとbetter、なのではないでしょうか?
インナーは黒でなくても、濃い目の色であれば、同じような効果が得られるはず。
ちなみに胸元のコサージュ、とかVラインを作る長めのネックレス、とか、ベルト、といった視線誘導につながる小物をプラスするとより効果的になります。
要するに、やせて見えるポイントというのは、色や形でメリハリをつけることが大事なんですね。
これから段々と薄着の季節・・・・・無理なダイエットはほどほどに、見せ方の研究に労力を割くことが、スリムボディへの意外な近道かもしれませんネ!
posted by kei at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 色のお話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15073543
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック