2008年05月10日

スタイルよく見えるバッグ

みなさんこんにちは、雨の週末になってしまいましたね。
今日は外出には欠かせないバッグのお話です。
特に女性はみんなバッグが大好き!ですよね?きっと色々な種類のバッグをお持ちだと思います。
でも服との合わせ方によっては、スタイルが悪く見えてしまったりすることもあるんです。
例えば黒い服に荷物のたくさん入った大きな黒いバッグを持っていたとすると・・・・・
服とバッグが同化して見えてしまい、バッグまで体の一部のような印象を与えてしまうのです。
これは大変です!つまり、スタイルよく見えるバッグのポイントとは、
1.服と異なる色、素材感のもの
2.体格に見合ったサイズ
です。1.は、服とバッグを色や素材で分離して見せることで、体のラインがすっきり見える効果があります。
2.は、例えば小柄な人が極端に大きいバッグを持つと、体の小ささがより強調されて見えてしまう、ということです。逆もまたしかり。
まあ、バッグというのは必要なものを入れて持ち歩くためのものでもありますから、実用上ある程度大きさを選べない場合もありますよね。
そんな時は服とバッグの色をよく考えて、なるべく「体とバッグは全く別物!」に見えるよう工夫するといいのです。素材も異なっていれば、色の差はわずかでも充分な効果があります。
服の素材は布生地が殆どですから、これに対してバッグ素材の定番は皮、というのもうなずけますネ。
カジュアルバッグだと布素材のものも多いですから、そんな時は特にバッグと服の色を意識したいものです。
小さいバッグなら色面積も小さいですから、大胆なビビッドカラーも意外といいかも。靴の色とお揃いにするのは定番テクニックですが、敢えて違う色を取り入れても悪くないはず。
バッグの色もコーディネートの計算のうちに入れれば、一段とセンスアップになりますね!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14798103
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック