2008年04月28日

色白に見える色

みなさんこんにちは。
ゴールデンウイーク突入ですね、お天気もまずまずのようでヨカッタ!

今日のテーマは「色白に見える色」です。
ズバリ、どんな色なのか・・・というと、それは
「明るい色」
です!
明るい色、というとその極みは白、それから濁りの少ない黄色やベージュ、また何色にせよ透明感のある薄めの色、といった感じでしょうか。
ではなぜ色白に見えるか、というと、よくプロの撮影現場などでアシスタントの人が白っぽい板やシートなどをモデルへ向けて持っているのを見かけますよね。これはレフ板と呼ばれているものですが、こうすると光がこのレフ板に反射し、モデルに間接的に光が当たります。光が当たるとそれだけ細かいシワや色素が消えて全体的に白っぽく見えるわけです。
つまり、明るい色を着ている状態はこのレフ板を自分で持って歩いているようなものなんです(笑)
本当のレフ板を掲げていないまでも、濃い色の服を着ている時よりは確実に顔は白く見えます。
ただ、人によって色白に見える「明るい色」の種類は様々です。明るい色の極みの白にしても、いわゆる純白もあれば、ミルクのような白もあるし、生成りのような白もあり、・・・・一口に「白」と言っても色んな白がありますよね。この中でいい感じにレフ板効果を出してくれる白が、似合う白、ということになるのです。
ですから、いくら明るい色といっても、似合っていない場合は不自然に白くなって不健康に見えたり青白く見えたりしてしまいます。いくら色白に見せたいといっても、こんな風に見えてしまうのはイヤですよね。
5月のカラースタジオはまだ空きもあります。
自分に合ったレフ板効果の色白カラー、パーソナルカラー診断でぜひ見つけてみて下さいネ!
お気軽にお問合せ下さいるんるん
posted by kei at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナルカラー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14514418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック