2008年03月27日

桜満開

東京の桜が満開宣言になりましたね。
・・・・今日はきっとこんなタイトルで写真など載せたブログが山ほどあるんでしょうねふらふら
でもやっぱり載せずにはいられない。
ということで、本日キャッチしてきた桜写真を載せさせていただきます!
3484.jpg3483.jpg3496.jpg
週末のお花見はちょっぴり寒いでしょうか・・・・・?
暖かくして楽しみましょう晴れ
posted by kei at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月24日

赤はどうして赤く見える?

ついに桜が咲き始めましたね!
我が家ではカランコエに続いて窓際のハイビスカスが花をつけました。
苗木を植えてから苦節4年(笑)、やっと一つ目の花を咲かせてくれました。
3377.jpg
こんな感じの真っ赤な色です、よく頑張った!って感じですかわいい
ところで、こういう赤い花はなぜ赤く見えると思いますか?
赤いから赤く見える、といえば確かにそうなんですが、暗いところでは赤く見えませんよね?何となく黒っぽい塊がそこにあるということぐらいしかわかりません。
つまり、色の正体は「光」だということなのです。
太陽光や照明の光は無色透明のように感じられますが、実は虹色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)の色の成分が含まれているのです。
この虹色を含む光は、物体にぶつかると反射されたり吸収されたりします。この反射光を私たちの目がキャッチして物体の色を見ているわけです。
物体が反射する光の色は、その物体の性質によって様々なので、色の違いが出てくるんです。
大まかに言えば、赤いハイビスカスは、光の中で赤い色だけを反射してあとは吸収してしまうので、私たちの目には赤い光だけが反射されて赤く見える、ということです。
color01.JPG白は、すべての光を反射すると、虹色が全部混ざり合って私たちの目には白く見えます。
黒は、すべての光を吸収してしまい反射する光がないので、目に届く光が無く、黒く見えるのです。
また、たくさんの光を反射するとその色は鮮やかに見えますし、ほんのちょっとだけ反射すると淡い色に見えます。
照明によって同じものの色が違って見えたりするのは、それぞれの照明の光の色の成分に偏りがあるので、反射の仕方もこの偏りにある程度依存してしまうからなのです。
白熱電球は黄色の成分が多いので、どうしても黄色付近の色を多く反射してしまうので、どんな色も黄色っぽく見えたりするわけです。太陽光も、光の色の分布や量が時間帯によって変わるので風景の色も変化するんですね。
様々なキレイな色を見せてくれる光に改めて感謝、ですね。
posted by kei at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 色のお話し

2008年03月18日

ダチョウの卵

ポカポカ陽気ですね!
昨日日帰りで長野へ行ってきました。
伊那というところに「みはらしファーム」という温泉観光農園があり、のぞいてみました。
ダチョウ牧場が園内にあり、「珍しい〜」とばかりダチョウさんたちを眺めていると、柵の反対側でダチョウの世話をしている女性がしきりに手招きしています。
「今から卵を産みそうだから見ていけば〜?」
うわ〜、ますます珍しい、とばかりに近寄ると、座り込んでいるダチョウが一羽。
ダチョウはお彼岸になると産卵を始めるそうで、すでに45分前に1個今年初の卵を産んだけれど、まだ産みそうだとのこと。
色々と話をしつつ待つこと約20分・・・「今日は打ち止めかな」と女性もあきらめ顔に。
「じゃあ、さっき産んだ初物、ちょっと殻が割れてるけど膜がしっかりしてるから持って帰れば?」
と卵をていねいに箱詰めして持ってきてくれたではありませんか!
 IMGP3367.jpg
・・・・・・・・・あまりの大きさに絶句!!!
「目玉焼きとかにすれば普通に食べられるよ〜」
・・・・・って、あの、さすがに「ぐりとぐら」みたいな大きいフライパンは持ち合わせが・・・・・
と戸惑いつつも、珍しいので結局頂いて帰ってきました。
卵の中身を格闘しつつ2ℓ近い容積のボウルに流し出すと、ほぼ満タンになりましたよー^_^;
白身の比率が多い感じで、オムレツにすると淡い黄色でした。
ダチョウ肉はあっさりした味でローカロリー・ヘルシーという話ですが、卵も同じなのね〜、と思ってしまいました。
当分卵料理の日々になりそうです(笑)
posted by kei at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月13日

高級感のある色

みなさん こんにちはー
もう春秒読みですね。桜開花予想もちょっと前倒しになったみたいですね。
さて、今日は高級感のある色ってなんだろう?というお話です。
私たち人間は、色によって様々なイメージを抱きます。
そんな中で、高級感を感じる色というのは、どんなものだと思いますか?
なんとなく、黒とか、紫なんかかなー、なんて思うのでは?
その通り!じゃあこういう色の共通点はというと・・・・・・
・何色にせよ、暗い色
ということなんです。
黒は究極の暗い色、フォーマルウエアも黒ですし、普段からも定番の色として人気ですよね。
でも、黒じゃなくても、暗くて重みを感じるならば、比較的どんな色でも高級感を感じるのです。
例えば、身近なところで、ドラッグストアなどに並ぶシャンプー。。。
全体的には清潔感を感じるような明るい色目が多いですが、そんな中で目を引くのが
資生堂の「TSUBAKI」と花王の「SEGRETA」

ではないでしょうか。
両方とも、価格はちょっと高めですが人気商品ですよね。
鮮やかでどっしりした赤に深い紫色・・・・・・両方とも「暗い色」」という共通点があります。
これに、「赤」」の華やかさや「紫」の神秘性などのイメージもプラスされて、うまく演出されていると思います。
そういえば、高級ブランドショップや一流ホテルの内装も重厚感あふれる暗い色だし・・・
こうすることで、みんなが自然に「高級」というイメージにスっと入っていけるんですね。
暗い色は、同時に重さも感じる色なので、ファッションに使う時は注意も必要ですけど、うまく取り入れればイメージ演出にも効果的ですね!
特に、奮発して高級素材のものを選ぶ時は、黒、紺、茶、を始めとして、ふわっとした色よりは重たい色の方がより高級感を感じるんです。奮発した甲斐があるってものです(笑)
これから春・・・・みんながカラフルで軽やかな色に手が伸びる季節ですね。
でもTPOに応じて、たまには高級感を感じる色をポロっと使うと周囲の人も「おっ!」と思うかも。

posted by kei at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 色のお話し

2008年03月05日

春の新色とベージュをコーディネート

桜の開花予想が発表されました。いよいよ春突入!
ということで、今回は春のトレンドカラーについて考察します。
加えて、やはりベージュへの関心が高いということで、
両者のコーディネートについても考えてみます。
まず、日本ファッション協会流行色情報センター発表の
2008年春のトレンドカラーはこんな感じです。
2008_spring.jpg
全体的にパステル調ですが、acidという酸味を感じさせる
さわやかなカラーが特徴的です。
一方、2月9日記事のパーソナルカラーに沿ったベージュ、
具体的な色のイメージはこんな感じです。
beige.jpg
さて、これらをどうコーディネートするか・・・・
まずは、トレンドカラーを総合的に見ていくと、
パーソナルカラー4つのグループのうち
近い雰囲気はBright(春)やPastel(夏)になります。
それでも明度が低めの色も少しあるので、Deep(秋)やVivid(冬)にも比較的取り入れやすそうです。
■Bright(春)
ベージュさえあれば、どのトレンドカラーも
すんなり合わせられますが、黄色系との
組み合わせはこのままではややボケた感じに
なるので、赤、ブラウン、紺などでアクセント
アイテム(アクセサリやベルト)があると
ベター。
■Deep(秋)
渋めのDeepのベージュはトレンドカラーが
いいアクセントになります。
ただ、トレンドカラーのうち淡いものは、ベージュに
こげ茶などをプラスするとより安定します。
やや緑味を帯びたDeepの紺も良く合います。
■Pastel(夏)
Pastelのベージュはピンク味があるので、
トレンドカラーの爽やかさと引き立て合います。
黄色を使う時はスモーキーなPastelの紺も
プラスすると膨張感を防げます。
■Vivid(冬)
強いコントラスト感が欲しいので、アクセント
アイテムを忘れずに。黒はもちろん、トレンド
カラーの中の紺やチャコールグレーも使えます。
ロゴ入りTシャツや柄物ならそれだけでも
アクセントになります。
いかがでしょうか?
自分の似合う色の傾向を知っていてこそ、
その時々のトレンドカラーも有効に使いこなせる
というものです。
K's Palletでパーソナルカラー診断、
この機会にぜひどうぞ。

2008年03月01日

太陽の光はやっぱりすごい!

いよいよ3月ですね。
まだまだ寒いけど、梅も咲き始めて、
少しずつ春が見えてくる感じ。
我が家では日当たりの良い窓際に、鉢植えを
集めています。
カラコンエの鉢が二つあるのですが、同じ窓際でも
攻防があります。(笑)
片方は日が当たる時間が長いのですが、もう片方は
少し窓から引っ込んだところにあるので、日の当たる
時間が少し短め。
すると、いつの間にか日当たりがより良い鉢は
つぼみをつけ、とうとう花を咲かせましたかわいい
しかも一度咲くと、次々と開花が止まりません。
それにひきかえ、もう片方はいまだつぼみすら
つけていません。
隣同士に置いているのに、ものすごい差がついて
しまいました。。。
日光の威力を改めて実感!
そういえば、トマトも赤く熟す前に黒いカバーを
かけてしまうと、日が当たっていても熟すことなく
しぼんでしまうそうです。
トマトだけじゃなく、人間だってそうです。
黒い服は日光を完全に遮断してしまうので、
日焼けの心配はないのですが、だからといって
黒い服ばかり着ていると、お肌の潤いが低下して
シワが増えるとか、増えないとか・・・・・・
やっぱりまんべんなく、イロイロな色を着るのが
いいってことなんですね!
posted by kei at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記